中西夕紀が主宰する俳句会「都市」のWEBサイトです
都市の日程表 都市の掲示板 俳句でおしゃべり
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

都市の10句 2013年12月号
都市'13年12月号に掲載の「都市の10句」

宵の富士登山の灯影揺らぎけり酒匂 了太
  
昼間には死にたくはなし生ビール渡辺 茫子
  
石鹸の外周硬し盆の月吉川 わる
  
輪を抜けし踊の唄を家路まで大矢知 順子
  
迎火を消して我が子の出かけをり栗山 心
  
遠雷の夢見こごちの音となり林 弓夫
  
アルプスの水一口や涼新た益山 空
  
手つかずの課題の山や蝉しぐれ管野 れい
  
かなぶんへ貸したる指の痛きかな高橋 亘
  
長電話終へて夕焼空になり後藤 美大
都市の10句 2013年10月号
都市'13年10月号に掲載の「都市の10句」

五月憂し光の束の通過駅北杜 青
  
引き潮に険しき岩や青岬砂金 明
  
紙魚の書をめくりて思ふ父のこと半田 沙羅
  
昼寝子や庭に置かれし魚籠ひとつ金子 菜園
  
若鮎の背に切りむすぶ光かな川合 岳童
  
怖づ怖づと付いて行きたり蛍の夜平野 晧
  
青天へ呼びかけるごと時鳥益山 空
  
萍に見入れば天地動きけり秋澤 夏斗
  
夏芝を転び上手や素足の子大木 満里
  
大欅若葉は人を燃え立たす酒匂 了太
都市の10句 2013年08月号
都市'13年08月号に掲載の「都市の10句」

ゴッホならどの色使ひ座禅草小林山荷葉
  
山吹の枝垂れて水の豊かなり平野 晧
  
卒業の一人緋色のチマチョゴリ永井 詩
  
惜春のナポリタン食ぶ百貨店栗山 心
  
一本の薔薇のはにかみ修司の忌田中 聖羅
  
かな文字の書くかに流れ花筏丸山 桃
  
春宵や川の流れの店あかり坂本 遊美
  
坂いくつ越えし余生や梅真白澤田たつや
  
十八歳二百の背中卒業す鈴木ちひろ
  
つくづくと風の町なり棕櫚の花田中 翔子
都市の10句 2013年06月号
都市'13年06月号に掲載の「都市の10句」

いさかひの元は何やら桜餅杉本 奈津子
  
男の子には母の叡智を玉子酒星野 佐紀
  
おだやかに人近よるや梅の花大木 満里
  
日脚伸ぶ鎖の影に輪がいくつ本多 燐
  
連山に寒鮒釣の背つづく北杜 青
  
水温む光の流れ移りゆき坂本 遊美
  
走り根の大地つかみて年新た玉水 牡丹
  
鉢植を買つて帰ろか風光る盛田 恵未
  
役者逝くちろりと雪を降らしをり小林 風
  
山に春芭蕉ブッセを口ずさむ関野 小一
都市の10句 2013年04月号
都市'13年04月号に掲載の「都市の10句」

枯菊を括れば胸に日の匂ひ森 夕也
  
流刑の大地でありぬ星月夜岩原 真咲
  
弁慶を謡ふ力や冬に入る高木 光香
  
後朝の駅の別れやクリスマス栗山 心
  
寒柝の一打のあとの女声工藤 美風
  
獅子舞や小橋小橋の水涸れて本多 燐
  
寒暁や漁火ひとつまたひとつ星野 早紀
  
冬の夜煌めく方へ歩みけり盛田 恵未
  
一願を一字に大書実千両大木 満里
  
ボイラーの低き唸りや山眠る川手 人魚